nm records - ブログ

electronica, post rock, folktronica, post classical, ambient, minimal, laptop, experimental, guitar pop, shoegazer, nerd hiphop,etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Muslimgauze<tribal/berak beats/experimental/中近東>





前回"まったりHOLIDAY"にて、
初日午前中即完となったタイトルがこちら。

今回"な夕書"でも
入荷可能であれば
是非とも取扱いたいと思います。

『Muslimgauze / Hafaz Al Assad』<staalplaat>

「中近東トライバル変態ブレイクビーツ」

カルト的な人気を誇る、
伝説のムスリムガーゼ9部作
「box of silk & dogs」
から
「Hafaz Al Assad」
staalplaatよりリイシュー。

ムスリム十八番、
ノイジーでつんのめるようなブレイクビーツに、
実験的/前衛的中近東サウンドまで、
静と動、
バランスよく詰め込まれた本作。

マニアならずとも聞いておきたい1枚。

パッケージの▲からして変態的◎
muslim.jpg

こちらにてmuslimgauze数タイトル販売中です!!
↓↓↓↓↓

logo2のコピー500
↓↓↓↓↓
http://nmrecords.shop-pro.jp/
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 18:11:41|
  2. break beats
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bertoia<shoegazer/guitar pop/electronica>





『Bertoia / Modern Synthesis』<Nobel Sounds>

同レーベル、
Novel Sounds2006年の傑作
HEADPHONES REMOTE「New Ghosts Of Modern Futurism」
を彷彿とさせる、
心地好くまどろむシューゲイズ・サウンド。

蒼色のノスタルジアに見え隠れする、
ネオアコ~ソフト・ロックへの淡い憧れ。
90'sインディー・ロック、
ギター・ポップのほのかな香り。

ふわりとかすんだ、
瑞々しくきらめく景色のその先へ。

『Loveless』の残像は
まだまだ続いているのだ。

bertoia modern
  1. 2012/10/17(水) 15:28:34|
  2. shoegazer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FilFla<electronica>





『FilFla / Fliptap』<someone good>

にかさやausをリリースしてきた
オーストラリアはsomeone goodより、
FonicaminamoFourclor等、
様々な名義で活動する
日本の音響~エレクトロニカ・シーンの実力派アーティスト、
杉本健一によるプロジェクトFilFlaが登場。

ボーカルはMoskitooをフィーチャーし、
キャッチーなメロディーラインと
暖かなギター、
胸打つリズムのエナジーが
キラキラと輝くエレクトロニカへと溶け込む。

ワクワクとウキウキが止まらない、
純エレクトロニカ・サウンド。

エレクトロニカ入門編としてももちろん、
心憎い変化球を織り交ぜた、
マニアにも響く懐深い1枚。

わくわくトロニカ純度100%!
  1. 2012/10/17(水) 01:54:35|
  2. electronica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mark McGuire<experimental/minimal/guitar>



『Mark McGuire / Get Lost』<Editions Mego>

アコギやエレキ、ギターシンセ等、
幾重にも重ねられたギターのレイヤーに、
これまでよりも豊富に使用されるエレクトロニクス。

昨今よく耳にする無機質なミニマルとは一線を画し、
その心地好く耳触りの好いミニマリズムは、
ライヒ,Sグラス,Pと並列するミニマル・ミュージックの先駆者、
ライリー,Tの名作
「A Rainbow In The Curved Air」を彷彿とさせる。
  1. 2012/10/15(月) 20:28:22|
  2. experimental
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

world's end girlfriend / Story Telling Again And Again【Free DL】

なんとAmazonにて
world's end girlfriendの
『Story Telling Again And Again』(3曲入り23分)
がフリーダウンロード。

http://www.amazon.co.jp/Story-Telling-Again-And/dp/B009P6YKHE/ref=sr_1_1?s=dmusic&ie=UTF8&sr=1-1&keywords=Story+Telling+Again+And+Again

湯川潮音がボーカルとして参加した
#1 Storytelling, Again
や、N-qiaの楽曲「EARTH」のリミックス曲
#2 N-Qia / Earth (World's End Girlfriend Remix)
東北地方太平洋沖地震に際にも無料配信をした
#3 Birthday Resistance Parade
どれもが無料とは思えないクオリティーで聴かせてくれます。



  1. 2012/10/13(土) 18:06:05|
  2. MP3フリーダウンロード情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tango In The Attic<guitar pop/neo acoustic/punk>







『Tango In The Attic / Blank Place Locomotive Society』<Thomason Sounds>

スコットランドのVampire Weekendととも評される、
カラフル・ネオアコ・ギタポ
tango in the atticのデビュー作。

ネオアコからの影響色濃いギターフレーズに
キャッチーなメロディーライン。
リズム隊はパンキッシュに躍動感溢れ
タテノリ必死。

nm records的
ロックのススメ。
  1. 2012/10/12(金) 01:30:18|
  2. guitar pop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mergrim<electronica/techno>



『mergrim / Invisible Landscape…』<liquid note records/moph record>

Aoki Takamasaeaterametsubの系譜を継承する
ダンサブルなテクノよりエレクトロニカ。

昨今のagraphlycoriscorisといった、
トリッキーなビートにIDM、カットアップ、
グリッヂ・ノイズを絡めた
フロア仕様なエレクトロニカ・サウンドは
PROGRESSIVE FOrM涼音堂茶舗も彷彿とさせる。

WEBやCM等にも
多くの楽曲を提供してきた、
森光貴久の
2011年のデビュー作。

エレクトロニカk~クラブ・リスナーまで必聴の
トリッキー・テクノトロニカ。
  1. 2012/10/10(水) 23:48:12|
  2. electronica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

US<electronica/rock/alternative>



『US / Quartz』<Novel Sounds>

エレクトロニカの叙情性と
ロックのプリミティヴな衝動。

派手さのない、
心地好いアンビエンスを蓄え、
緻密な計算の施されたエレクトロニクスと
トリッキーに高揚感を煽るビート。

中世的なボーカルはメロディックに歌われ、
サウンドにしっかりと芯を持たせている。

メランコリックとエモーショナルが同居する世界観は、
radiohead『KID A』以降を彷彿とさせる。

us quartz
  1. 2012/10/08(月) 23:14:54|
  2. electronica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

It's A Musical<electronica/indie rock>



『It's A Musical / The Music Makes Me Sick』<morr music>

ベルリンを拠点に活動する、
It's A Musicalのデビュー作がこちら。

ドイツの人気レーベル
morr music史上最大のヒット作となった本作。

男女混声のボーカルラインに、
ピアノ、シンセ、オルガンなどの鍵盤楽器、
ギターやトランペット、ヴィヴラフォン等で彩られたそのサウンドは、
ほのぼのとフォーキーで
ミラクルなポップ・チューンが全快。

ステレオラブ~ベルセバファン必聴の
牧歌的アンサンブル。
  1. 2012/10/06(土) 21:41:50|
  2. electronica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

cyclo.<experimental/drone/pulse>







『cyclo. / ID』<raster-noton>

2011年、
10年振りにリリースされた
池田亮司カールステン・ニコライによるユニット
cyclo.の2nd。

不規則に形成されるビート、
ヘッドフォン爆音マストに響くパルス音、
グリッヂ・ノイズ。

両者のソロ名義も凌駕する、
ストイックかつ圧倒的な音世界は、
人間の視聴覚へと挑戦状を叩きつけるようだ。


こちらは池田亮司
2010年sonarでのパフォーマンス。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  1. 2012/10/06(土) 00:07:18|
  2. experimental
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

water fai<post rock>



『water fai / UNI 8』<Thomason Sounds>

mogwai + saxon shore + rovo = water fai

関西アンダーグラウンド発、
5人組ガールズバンド
water faiの2ndアルバム。

ボアダムス、益子真二氏をエンジニアに迎えた本作は、
轟音ギターサウンドに
淡さとゆるさを交え、
ガーリーなポップセンスを溶け込ませた
ポストロック現在進行形。

#8""YYTV"は
ロックファン必聴のキラーチューン。
  1. 2012/10/05(金) 01:46:57|
  2. post rock
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポポポロ<psychedelic/folk/rock>







『ポポポロ / ポポポロ』<Novel Sounds>

先月ノベルサウンズよりリリースされた、
期待の新人
ポポポロデビュー作。

サニーデイサービスを思わせる
サイケ&フォーク・ロック。

一聴して口ずさめるような
人懐っこいメロディーライン。
メランコリックやらセンチメンタルやらを内包したサウンドは、
きらめくギター、
バンドアンサンブルで、
透きとおるような青空へと抜けていく。

ジャケット内側の歌詞カードには、
香川県で活動中の写真家
SHIORIの写真が使用されています。

popopolo500.jpg

popopolo.jpg
  1. 2012/10/04(木) 11:53:55|
  2. rock
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

aspidistrafly<folk/electronica>



前回の出店、
「まったりHoLiday」では入荷が間に合わず、
今回は是非とも取扱いたいコチラから。

『aspidistrafly / A Little Fable』<kitchen.>

「木漏れ日の中。僕らの季節を紡ぐ。」

2011年末にリリースされた
aspidistraflyの2nd。

from シンガポール。

しっとりとしたノスタルジア、
木漏れ日の中をたゆたうような
やさしく、ぬくもりに溢れた音は、
セピア色の心象風景へとまどろむ。

ハルカナカムラ
柳平淳哉(from いろのみ)
小瀬村晶など、
昨今の日本エレクトロニカ・シーンを賑わせる
豪華ゲスト陣のアンサンブルもすばらしい。

いよいよ11月には
ジャパン・ツアーも予定

11/24には
岡山・城下公会堂!!
  1. 2012/10/02(火) 19:55:05|
  2. electronica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。