nm records - ブログ

electronica, post rock, folktronica, post classical, ambient, minimal, laptop, experimental, guitar pop, shoegazer, nerd hiphop,etc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NOVEL SOUNDS GATE<木箱>

いよいよ1週間後に迫ってきた
NOVEL SOUNDS GATE

今日ご紹介するのは北海道より参戦
木箱。
サカナクションのエンジニアを務めた事でご存知の方もいるのではないでしょうか。





エレクトロニカを基調に、
ロッキンでいて
甘酸っぱいロマンティシズムに溢れたサウンドは、
ドイツはmorr musicを代表する胸キュン・エレポップ・バンド、
LALI PUNAも彷彿とさせる。

きらめくメロディーと
まばゆいポップセンス、
叙情的なノスタルジアが交差する
エレポップ現在進行形。

morr musicLALI PUNANOTWISTファンはもちろん、
STEREOLAB周辺や、
ESCALATOR RECORDSHarvardファンにも激PUSH!
スポンサーサイト
  1. 2013/07/27(土) 22:36:01|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOVEL SOUNDS GATE<DJまほうつかい>

8/3、4
NOVEL SOUNDS GATE。

漫画家、西島大介
DJまほうつかい
として参戦!!

そしてなんと、
蓮沼執太主宰
windandwindowsの第2弾として
HEADZより8/7にリリースされる新作
『All those moments will be lost in time EP』が
NOVEL SOUNDS GATE会場にて先行販売!!!




儚く美しいタッチのピアノが、
ポスト・クラシカル・ファンも魅了するOP曲。
徐々に、混沌と加速するビートに
アンニュイなボーカルが相対的な#2(detune. remix)~
DAT POLITICSも思わせるトイポップ/エレポップ・ナンバー#3。
そして#4には京都はメトロでのライブを収録。これが凄まじい。
坂本龍一+フェネス
憂うピアノとグリッヂ・ノイズに始まり、
晩年のコルトレーンをも連想させる
ノイジーかつカオティックなフリー・ジャズ的展開へと続く。

西島大介 a.k.a DJまほうつかいの魅力を
余すところなく詰め込んだ初のEP作品。
まずはこの1枚からでしょう。
  1. 2013/07/26(金) 23:58:21|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOVEL SOUNDS GATE<[.que]>

8/3、4
NOVEL SOUNDS GATE参戦アーティスト、
続いてご紹介するのは、
小瀬村晶主宰scholeより、
5月に新作3rdアルバムをリリースした
[.que]!!






アコギやピアノの織り成す
目もくらむような目映いメロディー、
心が踊り、
色彩豊かに弾けるリズム。

Dof~i am robot and proud~no.9~serph
2013年、[.que]は確かにその延長線上に立っている。

カラフルなポップネスに
ほんのりと添えられた哀感。
色とりどりの音が乱反射し、
春の陽射しの隙き間を
淡いきらめきが照らし出す。

8月の観音寺で、
さくらチルアウト。
  1. 2013/07/23(火) 00:18:26|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOVEL SOUNDS GATE<ajiro>

8/3、4
NOVEL SOUNDS GATE
参戦アーティスト、
続いてご紹介するのは、
なんとajiro!!!

2012年より、香川を拠点に活動する、
井上真輔(タブラ)と、渡邉和三郎(弦楽器など)からなるユニット。









高松市は"な夕書"での
【fujii rock festival】
でのパフォーマンスも記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

プリミティヴなタブラの響きとリズムに、
重なるアンビエンス。心地好い音響空間。

僕も初めて聴いたのは「fujii rock festival」でした。

こんなにも心地好い音を奏でる音楽家が
香川にもいるのかと、
今でも鮮明にそのライブ風景を想起させる事ができます。

絶妙な間はわびさびを、
淡い浮遊感はB.イーノを経由し、
瀬戸内海からインドへと響き渡る。

香川の誇る音響系エクスペリメンタル音楽シーンの至宝、
アジロ!!


是非この機会にご一聴を。
  1. 2013/07/17(水) 19:20:25|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOVEL SOUNDS GATE<little phrase>



山口を拠点に活動する4ピース・ポスト・ロック・バンド、
リトル・フレーズ

epic45も絶賛するそのサウンドは、
優しさとぬくもりに満ち溢れ、
メロディックに、グルーヴィーに響き渡る。

疾走感溢れるドラミングに
緩やかなハイトーン・ギターのアンサンブルは、
epic45はじめ、
where are my records直系。

ワクワクとニヤニヤの止まらない、
胸キュン・ポストロック!

little phrase land scape
  1. 2013/07/17(水) 18:00:20|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOVEL SOUNDS GATE<flower triangle>

NOVEL SOUNDS GATE参加アーティスト
続いてはご紹介するのは、
写真家としても知られる
高西知泰が、
flower triangleとして参戦!!





躍動感と愛らしさに溢れたその音は、
写真家としての
「風景」や「記憶」をキーワードとし、
カラフルな生楽器と電子音で彩られる。

初のボーカルトラックや
ヒップホップまでも消化した、
名作「march」。

子供心をくすぐられる
おもちゃ箱をひっくり返したようなサウンドに、
緩やかでたおやかなノスタルジアを演出する、
ギターやピアニカ、コルネット等の多彩な生楽器。

めくるめく季節。
何かが始まりそうで
少しワクワクする、
春色行進曲。


そしてなんと、
写真家、高西知泰として
個展も開催予定ですので、
そちらも合わせて要チェック!!
  1. 2013/07/11(木) 00:28:14|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOVEL SOUNDS GATE

瀬戸内国際芸術祭2013。

夏シーズンスタートも
いよいよ7/20に迫ってまいりました。

今日は、
それに合わせた関連事業
"OTOKUCHI"
内でのプロジェクト
"NOVEL SOUNDS GATE"
をご紹介。

(nm recordsもひっそり参加致します。)

■日時:8月3日(土)4日(日) 15:00 ~ 19:30
■場所:山地蒲鉾 赤煉瓦倉庫(香川県観音寺市観音寺町甲2818-3)
※入場無料 飲食などの物販あり
<予定>


香川県は観音寺市の名所をテーマに、
日本各地より様々なアーティストが楽曲を製作。
その顔ぶれは、
昨今の日本エレクトロニカ/ポストロック、
音響シーンを賑わせる豪華ラインナップでお届け!!

後日配信でのリリースを予定しておりますが、
8/3、4はその音を
ひと足早くライブにて体感!!

香川でこんな音響系フェス、
二度とないかもしれない。。

中四国、
いや
全国の音響系ファンは8/3、4、
是非、香川県観音寺市に。


さてさて、
今日はそんなNOVEL SOUNDS GATE参加ミュージシャンより、
ゴリ押しミュージシャンをご紹介!

ametsub主宰nothing66より
なんと5月に大傑作2ndをリリースしたmoshimossが参加!!



淡いメランコリア、
「終わりなき終わり」
の先に、
そっと包み込む柔らかな陽射し。

繊細なエレクトロニカにクランチ・ノイズ、
日常のひとときを切り取ったフィールド・レコーディング~
哀愁あるアコギやピアノなどの生楽器。
浮遊感あるボーカルは、
シガー・ロスヨンシーも彷彿とさせる。

物憂げな哀感の隙間から溢れ出す、
光と音の幸福論。

ametsub主宰
"nothings66"より、
マスタリングになんとNils Frahmを迎えた
moshimossの2ndフルアルバム!

心地好過ぎて、
ニヤニヤが止まらんのです。
  1. 2013/07/06(土) 23:56:04|
  2. live/event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。